注目しておくべきストックオプション制度~無知をSTOP~

現場主義

青いウインドウ

desknetsに関する簡単な説明とシステムもしくはサービスを受ける上での注意点について記述しました。現場主義を目指して日々進化しているdesknetsですが、安全に注意してよりよい利用を目指してください。

» Read more...

安否確認をシステムで

書類を持つ女性 安否確認システムは、震度5以上の地震や事前に登録した災害が発生した場合、社員や社員の家族に一斉同報メールを送信してくれます。これにより紫外発生時の連絡が円滑になりますし、災害時に役立つ連絡手段として応用することが可能です。

» Read more...

戦略的なシステム

サラリーマンの握手

経費精算システムは、従業員がいつでもどこでも申請ができて、承認状況を把握できることが重要です。そして、承認プロセスが柔軟に設定できることも同様に業務を円滑に進めるためには必要です。また、経費の発生履歴は、組織別やプロジェクト別に集計され、把握できることで、今後の業務運営に役立たせることができます。

» Read more...

身近な制度

インターフェースと指

ストックオプション制度はより身近に

ストックオプション制度は、現在のように株式相場が上昇している時ほど注目を集めます。 ストックオプションを平たく言えば、「安くで自社株を購入する権利」のことです。あるいは「自社株をもらう権利」のことです。 前者で言えば、新入社員や入社一定期間が経過した社員に対して、安くで購入出来る権利を期限付きで与えるケースが該当します。 また、後者は入社する社員へのお祝いや、実績を上げた社員に対する報酬の意味合いで、自社株を会社から付与するケースが挙げられます。 ストックオプションの本場はアメリカで、優秀な社員を社内に留めておくための制度としても活用されています。 株式相場の上昇や、投資を促進する税制度にも支えられ、ストックオプションは今後ますます身近な制度になっていく可能性があります。

一番大切なのは売買のタイミング

会社側からストックオプション制度を行使して、自社株を得た場合、それだけで万々歳という訳ではありません。 手にした自社株は資産ではありますが、その資産額は会社の株価変動によって増えもすれば目減りもするからです。 ですから、自社株をストックオプションによって得たら、当然ながら会社の不利益になるようなことは避けて、株価アップのためにも懸命に働くことです。 そして、一番大切なのは売買のタイミングです。 まず、ずっと保有し続けていくのか、売却するのかを予め考えておきます。 株価が変動するため、保有している株価をいつ売却するかによって、損益が大きく変わります。 売買の差益を狙う場合には、株価の変動も定期的にチェックをしながら、タイミングを計ることが大切です。

↑ PAGE TOP